オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

久喜市 屋根葺替え工事のご案内


IMG_20190330_151019_R-columns2
既存の屋根材は陶器製の平瓦。美観や経年劣化への対策としては、とても優れた素材です。ただし、屋根材自体の重量がそれなりに重く、想定ですが約4トンの重量があります。屋根材自体を約3トン軽減し、建物上部の重量を軽減し耐震瀬能の向上を図ります。
IMG_20190510_145838_R-columns2
まずは、足場を組み既存の瓦屋根のおろしをし処分致します。カバー工法と違い、この部分は耐震性能上は優秀ですが施工の手間や金額面ではデメリットと言えるかもしれません。陶器製の瓦の場合上に重ねるというのは出来ないため、カバー工法ではなく、吹替える必要性があります。
写真は屋根材をおろし、下地のコンパネが見えている部分です。
IMG_20190519_120208_R-columns2
足場を組んでいる時の写真です。事故防止の為に足場を組み親綱を設置し、安全帯を付けながらの作業を行います。既存の瓦は重量があるため、下すのも一苦労です。
IMG_20190519_115307_R-columns2
アイジー工業のスーパーガルテクトという商材にて施工させて頂きました。屋根材ごとの段差が多少あり、板金特有ののっぺりとした印象ではなく、高級感のある仕上がりとなりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

3A0543AA-C6C4-4D88-9335-820D7DE80BE4_1_105_c

雨樋交換をしたのでその様子をご紹介いたします。劣化により、軒樋が曲がってしまっていました。

CB8767D4-BEA2-4C59-BFD7-FBB4D97EBDF3_1_105_c

屋根補修をするにあたってまずは足場を組んでから屋根補修を行います。

89F8914A-0268-41B2-B938-61AE94FDE263_1_105_c

現地調査にお伺いしたので、ご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら春日部店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-116-276