オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

お問い合わせ頂きました、久喜市の外装劣化診断に伺いました


IMG_20190224_102056_R-columns2
外壁は、窯業系サイディングで、築15年目を迎え表面の塗膜が劣化し、チョーキングを起こしている状況です。掌で外壁面を触診し塗料が手に付く様になると塗替えの目安と判断します。外壁面材の表面の保護膜である塗膜が薄くなると、外壁の基材が水を吸込み反りや割れの原因を生みます。
IMG_20190224_102134_R-columns2
窯業系のサイディングの場合、外壁間の目地(シーリング)部分は非常に重要な部分となります。劣化により細くなり隙間ができると雨水が侵入しやすくなり、外壁面材の反りや最悪、雨漏りの原因となります。基本的には外壁間の目地部分は写真のような状態ですと打ち換える必要性があります。また、目地材にも塗料と同じように耐久性に素材で差がでますので、塗料と同様にシーリング材も施工の際には素材の選定が必要です。
IMG_20190224_102917_R-columns2
写真は目地材の劣化により、外壁と目地の間に隙間が空いてしまい、雨水が外壁内にも多少侵入している状況と思われます。外壁を止めている釘の部分が割れてしまっているのも、雨水の侵入により外壁が多少反ってしまった可能性があります。
IMG_20190224_102151_R-columns2
北側面の浴室裏面の外壁は部分的に凍害による外壁破損が発生しておりました。室内と室外の寒暖の差により結露が発生し冬場外壁の基材に水がしみこみ、凍結→膨張を繰り返し外壁面材が痛んでしまった可能性が疑われます。補修対応が必要な状況といえます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

3A0543AA-C6C4-4D88-9335-820D7DE80BE4_1_105_c

雨樋交換をしたのでその様子をご紹介いたします。劣化により、軒樋が曲がってしまっていました。

CB8767D4-BEA2-4C59-BFD7-FBB4D97EBDF3_1_105_c

屋根補修をするにあたってまずは足場を組んでから屋根補修を行います。

89F8914A-0268-41B2-B938-61AE94FDE263_1_105_c

現地調査にお伺いしたので、ご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら春日部店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-116-276