オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

幸手市/欠落しているアーバニー屋根の補修工事を行いました


CB8767D4-BEA2-4C59-BFD7-FBB4D97EBDF3_1_105_c-simple
屋根補修をするにあたってまずは足場を組んでから屋根補修を行います。

0C62A67D-D405-4B00-9ECC-28D3E617FE1A_1_105_c-simple
屋根の種類はクボタのアーバニーという屋根材で、スレート屋根材の1つです。
こちらは平成13年から平成17年まで製造販売していた屋根材なのですが大きなスリット(切れ目)の入った形が特徴で見た目も高級感があります。
しかしこのスリットが原因で割れが発生しやすく、4年で販売中止となりました。

写真のように割れや欠落が発生しやすい屋根材です。
47D0A01C-89D3-4956-A549-3C4CA8888B2C_1_105_c-columns3
何箇所か屋根材の割れや欠落が見られました。
663C4B44-051B-4184-B3AD-CF7CECFCA482_1_105_c-columns3
欠落した部分にボンド(接着剤)を塗ったらその部分に新しい屋根材を張り付けます。
BF41F140-5B38-437C-93D9-52BC08F667D4_1_105_c-columns3
上記に記載した通り、クボタのアーバニー屋根は廃盤になってしまっているので、代わりに張るものはファイバーグラスシングル/リッジウェイという種類です。


0EFFC66E-431E-460A-91A1-31E9F2226075_1_105_c-simple
屋根材を張ったら完了です。
リッジウェイは、アスファルトシングルという屋根材の一種です。
最近では価格の安さや施工の手軽さなど多くのメリットがあるので注目を集めています。

リッジウェイの特徴

◎軽い
リッジウェイの重量は瓦の約1/4、スレートの約1/2と軽量のため、建物への負担が少なく耐震性に優れています。

◎防水性
アスファルト基材とファイバーグラスマットで構成されており、水分を含まず雨漏しにくいです。また接着も専用のボンドで接着するため釘をあまり使用しません。そのため釘穴から雨漏りが起こる心配もほとんどありません。

◎耐風性
アスファルトシングルは風に弱いと言われています。
しかし、リッジウェイは標準仕様実験(風速38m/s)、強風仕様実験(風速46m/s)でも浮き剥がれの現象は起きず、高い耐風性能が実証されています。
※強風地域・場所では強風仕様での施工をおすすめします。


◎耐衝撃性能
リッジウェイは柔らかく割れにくい素材なので、衝撃を吸収しやすいです。落下物等によって屋根材が割れるという心配はありません。


◎他の屋根材より価格が安い
瓦やガルバニウム鋼板に比べると低価格で施工することができます。
0F5B0618-1845-4011-B365-5DBD2B956E75_1_105_c-columns3
割れが発生していた場所も欠落するのは時間の問題なので、撤去して同じくリッジウェイを施工します。

17003B19-21E7-44BD-950E-35D0885A12F6_1_105_c-columns3
新しくリッジウェイを施工してこれで完了です。
1B5FDF84-2D0E-4016-9C2B-A7FB160CD7E9_1_105_c-1-columns3
近くで見るとこんな感じです。

これで割れた屋根材が欠落してしまう心配もなくなりました。
11080CE1-9AD7-4A57-8AEB-CA8F301CAD9A_1_105_c-simple
他に割れていたり、欠落が心配な箇所はありませんでした。

これで屋根補修は完了です
少しの劣化をそのままにしておくと雨漏りなどのトラブルに繋がります。

こんなことで?と思うような小さいことが大きなトラブルに繋がっていく恐れもありますので、お家のことで何かお困りのことや気になる点がございましたらお気軽にお問合せ下さい

同じ工事を行った施工事例

施工事例

春日部市武里で台風24号でアンテナが倒れたとお問合せ頂きました

武里瓦屋根
武里瓦屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
¥20000

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

50913467.64d032d0848a3ce2e211025a43b9cb42.20030104

2月頃、幸手市のお客様の瓦屋根塗装を施工いたしましたのでその様子をご紹介いたします!

53817382.19e156cfb00502c6817c0c103fcf127d.20062402

屋根の所々釘浮きがありました。このままにしておくと、最終的には抜けてしまったり、隙間から雨水が侵入し雨漏の原因に繋がる恐れもあります。まず浮いている釘を金槌で打ちます。

IMG_1050

陸屋根の笠木の状態です。屋上のウレタン防水は施工してからまだ浅く傷や穴も無いため雨漏りは考えにくく、外壁も隙間はない状態でした。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら春日部店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-116-276