オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

幸手市お客様宅でコロニアル屋根にタスペーサー取付工事行いました!


タスペーサー
幸手市お客様宅屋根コロニアルのタスペーサー取付工事写真です。今回屋根塗装が2回目で、一回目の塗装の時にコロニアルの重なってる部分の目詰まりがあったので縁切り工事をした後、また目詰まりをおこさないよう、タスペーサーを隙間に入れる作業を施工しました。
タスペーサー工事
屋根の重なり部分にタスペーサーを入れてる写真です。一定の場所にタスペーサーを入れ、隙間を作り雨の逃げ道を作ります。このように1回目の塗装で、目詰まりをしてしまう施工をされてしまったお客様には縁切りをしてから、タスペーサーを入れる作業をしていきます。
タスペーサー装着完了
屋根のタスペーサーの施工の完了写真です。少し見ずらいと思いますが、黒くなってる部分がタスペーサーを入れてある部分です。これで隙間も作り雨漏りの原因も解消されます。
タスペーサー装着完了
屋根コロニアル全体にタスペーサーを施工しました。屋根のタスペーサーに関してご説明いたします。本来コロニアルの重なり部分は隙間があり、万が一雨が入っても隙間から雨が流れる仕組みになっています。ですが、塗装などで、その隙間が埋まってしまうこともあり、塗装屋さんの塗り方や、希釈など塗料によって異なります。水性の屋根材もありますが、水性塗料で屋根の施工をする場合タスペーサー施工をお勧めいたします。屋根の塗料が油性の場合希釈率で、変わるので段差の部分が目詰まりしにくくなり、よってタスペーサーは入れなくても大丈夫になります。タスペーサーはビスなどで止めないので、年数が経つと落ちてくる可能性もあるので、当社では極力控えてます。何かご質問やご相談があればお気軽にご連絡お待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

B9FA69B2-8D70-49AF-8031-0235051A9F85_1_105_c

塗装前の外壁はクリーム色です。洗浄作業は行っています。ここから外壁の下塗りを行います。

屋根葺き替え前

コロニアルからガルバニウム鋼板への葺き替え工事の様子をご紹介いたします。写真は葺き替え前のお写真です。苔やカビ、汚れ等の付着が激しく屋根も劣化しているため、塗装だけではカバーしきれないと判断したため屋根の葺き替えをご提案しました。

40016379.8d369f712bbc01f8dd2ecd884bbcc1f1.20092323

春日部市のコーキングの打ち替えの様子をご紹介いたします。コーキング材は既存の物を除去してから新しい物を打ち替えます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら春日部店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-116-276